輸送制限品目

受託手荷物の輸送制限

機内持ち込みが厳しく制限されている品目、または飛行中の安全および機内におけるお客様の快適さを目的とし、厳しい条件のもとでのみ輸送が可能な品目があります。

受託手荷物における輸送禁止品目
  • 壊れたり腐敗したりしやすいもの、通貨、換金できる証券、宝石類、骨董品、芸術品、見本、切手、文書、原稿、ディスケット、その他の高額 および高価なもの。(破損または紛失した場合の補償は限られているため、これらのものは必ず機内持ち込み手荷物に入れてください。
  • 機内に持ち込む必要がある、または目的地で必要となる医薬品(*必ず機内持ち込み手荷物に入れてください。)
  • 電子たばこ(e-シガレット)は火災の原因となることがあるため、機内持ち込み手荷物に入れてください。
  • リチウムバッテリーで作動する電子ボード製品は、電池の容量にかかわらず、機内に持ち込むことができません。また、受託手荷物の中に入れることもできません。
    * 関連する品目:エアホイール、ソロホイール、ホバーボード、ミニセグウェイ、電動自転車(スクーター)、電動キックボード、電動スケートボードなど。
制限範囲内で許可される品目
  • 射撃競技のために使う武器および5kg以下の火薬。
    • 銃器取締法に基づき当該武器の携帯または使用を許可されたお客様が、事前に許可書を提示した場合に限り許可されます。
    • これらのお客様は、管轄当局および航空会社による事前許可手続きを踏む必要があります。
    • 火薬トリガーおよびスパークプラグが取り外されており、振動やショックから保護する木製または金属製の箱に収納されている場合に限り許可されます。
  • 法律に基づき職務を遂行するために特別の許可を得た者が携帯する武器類。(武器携帯の許可書を事前に提示する必要があります。)
  • 適切な荷造りがされていない手荷物、または鞄の容量を超えるものを入れた手荷物。(鞄は、荷造りし直した後にのみ、お預かりが可能になります。)
リチウムバッテリーの輸送制限に関するガイド

航空危険物の輸送に関する技術基準のもとで危険物に分類されるリチウムバッテリーは、機内持ち込み手荷物または受託手荷物に入れることは禁じられています。ただし、IATA危険物規則書に基づき、顧客が旅行中に個人的目的のために使用することが認められている場合は、小型のリチウムバッテリーを輸送することができます。

리튬 배터리 용량별 허용량
リチウムバッテリーの容量 許可される容量
機器に含まれるもの スペアおよび予備のバッテリー
リチウム含有量が2g以下で
100Wh以下のもの
機内持ち込み手荷物:5個
受託手荷物:5個
機内持ち込み手荷物:5個
受託手荷物:輸送不可のもの
リチウム含有量が8g以下で
100Whを超え160Whまでのもの
(航空会社の許可が必要)
機内持ち込み手荷物
および受託手荷物を合わせて1つのみ
機内持ち込み手荷物:2個
受託手荷物:輸送不可のもの
160Whを超えるもの 輸送不可のもの
  • 広州や北京など中華人民共和国の都市から出発するフライトでは、リチウムバッテリー(装置内に含まれるもの、および予備のものを含む)を入れた手荷物の受託を厳しく制限しています。バッテリーの容量が記載されていない、もしくは確認不可能な場合、輸送が却下されることがあります。
  • バッテリーの容量にかかわらず、リチウムバッテリーで作動するすべての乗り物(障害者および高齢者用の電動車椅子以外)は、機内持ち込み手荷物にも受託手荷物にも入れることはできません。
    * 関連する品目:エアホイール、ソロホイール、ホバーボード、ミニセグウェイ、電動自転車(スクーター)、電動キックボード、電動スケートボードなど。
電動車椅子およびスクーター用電池の輸送に関するガイド(障害者、高齢者、およびその他レジャー以外の使用を対象とするもの)
전동휠체어 및 전동스쿠터(장애인/노약자용,비레저용) 배터리 종류별 규정
種類 バッテリーの容量 注記
ドライ バッテリー 制限なし バッテリーは、取り出し可能かどうかの確認が必要です
*ドライ バッテリーの種類:Ni-Mh、Ni-Cdなど
ウェットバッテリー
(シールドタイプ・ノンシールドタイプ)
制限なし バッテリーは、取り出し可能かどうかの確認が必要です。
予約をする際に、シールド バッテリー/ノンシールド バッテリーの
いずれかに関する情報をお伝えください。
* ノンシールド バッテリーの種類:SLA、VRLA、AGMなど
リチウムバッテリー バッテリーの容量:1個で作動する場合は
300Wh以下、2個で作動する場合は
1個当たり160Wh
予備バッテリーの許容量:
300Whで作動する場合は1個、160Whで作動する場合は2個
バッテリーは、容量および取り出し可能かどうかの確認が必要です。
* 取り出したリチウムバッテリーは、機内持ち込み手荷物の中にしか入れることができません。
Select your region.
GO
地域、言語選択ポップアップを閉じる